世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

未来のデスクトップPCがぶっ飛んでいて凄い!

      2014/11/13
 SNS拡散レベル 0   97 views

スポンサードリンク

enmper
近い将来・・・と言うより既に発売されているので現在のPCと言っても問題ないのですが、あえて「未来的PC」と言わせていただきたい商品がこちら、エンペラーシリーズ。リクライニングはもちろん、画面は3つありタッチパネルや空気清浄機を装備したまさに皇帝の名にふさわしい玉座。お値段はなんと50万円というお手頃価格。

ws
画像

こちらが玉座の様子。マウスやキーボードはもちろん3つの液晶パネルと左にタッチセンサーを装備。さらにリクライニングシートや、空気清浄機と言った至れり尽くせりのこのシステム。WME社が発売しているエンペラーシリーズで、お値段は、エンペラー1510が50万円ほど、エンペラー200のほうは400万円ほどで購入できる。

スポンサードリンク

値段の違いは、イスのデザインのちがいのほか、エンペラー200のほうはPCやモニターが付属で付いてくるが、エンペラー1510のほうは自前でそろえる必要がある。

wdwd
画像

実際に操作している様子がこちらだ。なるほどFPS等のゲームには最適なのかもしれない。ただ日常業務としてExcelやWORDを作業するにはすこし派手なのかもしれない。ただしインパクトは絶大なので、誰かに自慢する際にはもってこいの商品なのかもしれない。

PC自体のスペックは不明だが、自前で組み込むタイプのエンペラー1510であれば、どんどんスペックアップが可能。もちろんマシン性能よりも居心地を優先させている機械であることは言うまでもない。

なにぶん心配なのは、あまりに居心地が良すぎて玉座どころかお墓にならないかと危惧してしまいそうな、そんなマシンだが皆様もお金に余裕ができたらこちらを試してみてはいかがだろうか。

製造元
http://www.mwelab.com/index.php/en/

記事元:秒刊SUNDAY

 - ガジェット・IT

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3