★世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

楽しんごの相方も関わっていた!?泥沼化する障害恐喝事件。脅迫女って誰?

      2014/10/17
 SNS拡散レベル 3   773 views

 

楽しんごの相方も関わっていた!?泥沼化する障害恐喝事件。脅迫女って誰?

元付き人への、傷害容疑で書類送検された楽しんご

 

ゴキブリや排泄物を食べさせるなど、悪質なイジメ行為があったと言われている楽しんごだが、逆にこの件で知人女性から脅迫され慰謝料を支払わされていたことは有名な話。

 

その知人女性の実名が明かされ、他にも脅迫事件には楽しんごのコンビ芸人時代の相方までもが関与していると明らかになった。

 

 

 

 

楽しんごのプロフィール

 

楽しんごは、1979年3月15日生まれの34歳。本名は斉藤信吾

画像

 

2007年に「エンタの神様」で、すぎはら美里と出会い「姉弟」という設定で番組内での限定ユニット「Mint姉弟」を組み「乙女な弟」としてボケを担当。

 

活動は順調であったが、体調を崩ししばらく休業したのち、芸名を「しんご」→「楽しんご」に変え、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。

 

R-1グランプリ2011で準決勝進出し「2011ユーキャン新語・流行語大賞」では、彼のギャグ「ラブ注入」がトップテン入りを果たすなど、数々のバラエティー番組やCM、映画などに出演していた。

楽しんごの相方も関わっていた!?泥沼化する障害恐喝事件。脅迫女って誰?2

 

その他にも「癒しんご&勝田整体治療院」というお店を開業し、2012年には名古屋店をヒルトン名古屋に開業しており、「日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン」の民間資格も持っている。

 

また他の副業では、2013年に焼肉店美味しんご」を歌舞伎町にオープンしたが、コストを度外視した無謀な価格設定により採算が取れないという理由で、開店からわずか3か月の同年8月末に閉店している。

 

 

 

一連の事件の流れ

 

そんな楽しんごは傷害容疑で書類送検されており同時に、被害者で元付き人Aと知人女性も恐喝容疑で書類送検されている。

 

しかし楽しんごの人気に嫉妬した、元相方のすぎはら美里と、知人女性であるAV女優の向井莉奈に、楽しんごがハメめられた可能性が高いことが明らかになったのである。

向井莉奈画像

 

楽しんごの元付き人Aが、四谷署に被害届を提出。

 

その後、楽しんごと親しかったが、ちょうどそのころ仲違いしていた向井がAと結託

 

楽しんごは向井に呼び出されて「誠意を見せろ」と暴力団の名前を出して脅され、慰謝料として110万円を支払ったという。

 

これを受け、楽しんごはAと向井を四谷署に恐喝で告訴した、というのが事件の流れだ。

 

ところが、この恐喝事件に歩調を合せるように楽しんごが包丁を持ってAを追いかけたり、ビンタをする映像が、一部マスコミに流出。

 

また、楽しんごの性癖を暴露する情報が夕刊紙や週刊誌に掲載された。

 

流出した映像は、Aのホスト仲間や向井が遊びで撮ったものだという。

 

この情報流出の裏には、Aや向井だけではなく、楽しんごの元相方・すぎはら美里までもが関わっていたことがわかった。

 

 

 

相方の「すぎはら美里」とはどのような人物なのか

 

元相方、すぎはら美里は、1975年8月11日生まれの38歳。

すぎはら美里画像

新潟・古町のクラブママを初めとして、30以上の職種を経験していることを公表している。

 

芸能系の活動だけでも、ラジオDJアダルトビデオプロレスお笑い芸人と極めて振れ幅が広い。

 

AV単体女優時代を経て2007年「エンタの神様」で楽しんごと組みお笑いコンビ「Mint姉弟」としてツッコミを担当し、知名度を上げたが、のちに「Mint姉弟」は解散。

 

現在は本名の杉原美里と改名し、中高生の虐めや性問題などをテーマとするNPO法人の代表として講演・カウンセリング活動する傍ら、単独でタレント活動を継続している。

 

芸能デビュー前に結婚・出産・離婚を経験している、なんとも波乱万丈な人物だ。

 

 

「ラブ注入」は譲ってもらったギャグだった

 

楽しんごとすぎはらは、かつて「Mint姉弟」というコンビを組んでいたが、コンビ解散後、楽しんごだけが「あらびき団」(TBS系)などに出演し、露出が増えた。

 

その際、すぎはらが作った「ラブ注入というギャグを、楽しんごが使うことを許可したという。

 

楽しんごは、このギャグで一躍人気お笑いタレントとして大ブレーク。本業の整骨院も繁盛していた。

 

人気絶頂の楽しんごを見て、すぎはらは「ラブ注入をパクられた」と嫉妬するようになり、そのことを知った向井は、すぎはらに接近。

 

タッグを組んでマスコミを使い、でっち上げの写真や情報を流して、楽しんごを陥れたというわけだ。

 

結果、楽しんごは所属の「よしもとクリエィテブ・エージェンシー」から活動休止を言い渡されることとなった。

 

一方、年末になって四谷署が、恐喝でAや向井を書類送検するという情報を得た向井は、再度楽しんごを呼び出し「恐喝された事実はないと言え」と脅した。

 

気の弱い楽しんごは、これを承諾

 

向井はこれを親しい記者がいる夕刊紙に流し「恐喝はでっち上げ」と報道されたというが・・・

 

ここまで詳細が明らかになってしまっている状況で「恐喝された事実はない」と楽しんごが言った時点で、世間の誰が信用するのだろう。

 

しかし、元相方の過去には驚いた。楽しんごの周りにはAV女優が多い事にも驚いたが・・・(笑)

 

今後、この事件が、これ以上泥沼化しないことを願う。

 

 

 - お笑い, 社会・事件・炎上, 芸能



         

コメント募集中

Message

メールアドレスが公開されることはありません。