世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

エボラ出血熱の原因菌や初期症状は?感染国や薬の事わかりやすく教えて!

  2019/05/20    病気・医療
2 0 0 0

今日は最近猛威を振るい、いつ日本に上陸してもおかしくないエボラ出血熱、エボラウイルスについて書きたいと思います。

西アフリカで流行し、アメリカやスペインなど各地に患者が増えているエボラ出血熱ですが、国連でも警戒レベルを引き上げ、各国がウイルスが侵入しないように、二次感染しないようにと様々な封じ込め作に取り組んでいます。

エボラ出血熱は死亡率が50%~90%にも上り、有効な治療薬もないとして恐れられている病気なので、エボラ出血熱について、知っておきたい基礎知識をまとめました。

インフルエンザに加湿器は有効?その理由とは?

  2019/05/13    病気・医療
1 0 0 0

毎年12月下旬~3月上旬にかけて流行るインフルエンザだが、インフルエンザの予防対策として部屋の湿度管理が重要と言われているのはなぜだろうか?

また、加湿器が有効なのか調べてみたいと思う。

本美濃紙がユネスコ無形文化遺産に登録の理由は?原料や製法は?

  2019/05/05    世界自然・文化遺産, 文化・芸術
1 0 0 0

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に提案している「和紙技術」について、岐阜の美濃和紙「本美濃紙」が登録される可能性が高くなったのです。

まだ本決定ではなく、実際には来月開催される会議にて登録が決定するのですが、これまでの例を見てもほぼ登録は間違いないそうです。

無形文化遺産といえば、昨年「和食」が登録されて国内だけでなく、国外でも和食を見直す動きが多くなり、ちょっとしたブームになりましたが、優れた日本文化として、今後ますます注目が集まるであろう和紙。登録される和紙は、「石州半紙」「細川紙」「本美濃紙」の3種類です。

今回登録される3種の和紙の中の1つ、「本美濃紙」について詳しく調べてみました。

石州半紙がユネスコ無形文化遺産に登録の理由は?原料や製法は?

  2019/04/30    世界自然・文化遺産, 文化・芸術
1 0 0 0

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化財に提案している「和紙技術」について、登録される可能性が高くなりました。

現在、「石州半紙(石州和紙)」が無形文化遺産として登録されていますが、今回はそれに加えて「本美濃紙」「細川紙」の計3種が「日本の手漉き和紙技術」として登録され、今回は、その3種の中でも島根県の「石州半紙」について詳しく調べてみました。

素晴らしい日本の伝統文化について、正式登録前に、しっかり理解しておきたいですね!

細川紙がユネスコ無形文化遺産に登録の理由は?原料や製法は?

  2019/04/25    世界自然・文化遺産, 文化・芸術
1 0 0 0

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に提案している「和紙技術」の、埼玉県小川市の「細川紙」が登録される可能性が高くなりました!

無形文化遺産といえば、昨年「和食」が登録されてちょっとしたブームになりましたが世界にも、日本の食文化が広まっています。

まだ本決定ではなく、実際には来月開催される会議にて登録が決定するのですが、これまでの例を見てもほぼ登録は間違いないそうです。

インフルエンザワクチンは卵アレルギーでも大丈夫?検査の料金は?

  2019/04/17    病気・医療
0 0 0 0

毎年12月下旬~3月上旬にかけて流行るインフルエンザの有効な対策として、インフルエンザワクチンがあるが、これを接種すれば絶対にインフルエンザにかからないというものではないが、重症化を防ぐという意味では有効である。

しかし、このインフルエンザワクチン製造過程で鶏卵を使用する為、ワクチン液にはごく微量の卵成分が含まれるそうだ。

卵アレルギーがある人は、接種出来ないのでは・・と考えてしまうのではないだろうか?調べてみた。

おたふく風邪の入院や治療期間は?大人の男性がかかったら不妊の原因に?!

  2019/04/10    病気・医療
0 0 0 0

子供の頃、両側の耳下線がしっかりと張れ「おたふく」のお面のようになる、いわゆる「おたふく風邪」にかかった方も多いのではないだろうか。

筆者も子供の頃にかかり、耳の下が痛かったという記憶がある。

このおたふく風邪、正式名称は「流行性耳下腺炎」(りゅうこうせいじかせいえん)というのだが、子供の頃にかかるよりも大人になってかかると重症化しやすいそうだが、どのような症状になるのか調べてみたいと思う。

エボラウイルスのエンベロープとは?寿命と感染経路の謎

  2019/04/03    病気・医療
0 0 0 0

現在、西アフリカで爆発的感染が患者に流行し、コンゴ・リベリア・ギニア、アメリカと今や世界各国に感染のおそれがあるとして、各国で水際対策や研究が急ピッチで進められているエボラ出血熱。

日本など、衛生観念がしっかりしている先進国ではあまり感染拡大のリスクはないとされていますが、万一に備えてエボラ出血熱について詳しく知っておきたいですよね。

エボラウイルスにはアルコール消毒が効果的?マスク予防は?

  2019/03/30    病気・医療
1 0 0 0

テレビやメディアで何かと騒がれているエボラ出血熱ですが、今世界中に恐怖を与えている感染病、エボラ出血熱に各国が水際対策や研究に力を注いでいるのは皆さん知っていると思います。

日本のような衛生観念がしっかりしている先進国ではあまり流行はしないだろうとは言われていますが、万一日本にやってきたら…と思うと恐ろしいですよね。

今回は、エボラ出血熱の感染経路や、予防法について簡単にまとめてみましたので、常に最新情報を確認しながら、自分の身を守る行動を取っていきましょう。

腹痛や下痢が続いてませんか?過敏性腸症候群の症状に注意!

  2019/03/25    病気・医療
1 0 0 0

食事の影響でも、体調が悪い訳でもなく数週間下痢の症状が続いたことがありましたが、下痢止めを飲んでも効き目なしで、短時間ですぐにトイレに行きたくなる状態が続きました。

病気の原因が全く分からないので医者に行って診察を受けたら、異常と言える器官はなくストレスからくる”過敏性腸症候群”との診察を受けて、しばらく治療改善したことがありました。

NHK女子倶楽部