世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

iPhone5をタダで手に入れて更に2万円キャッシュバックしてもらえる方法。

      2014/11/13
 SNS拡散レベル 0   125 views

スポンサードリンク

DSC_1078-のコピー

先月9月19日にauのiPhone5にしてきました。次の日新型の発売日ジャン!知らなかったの?っと言われるかもしれませんがいいえ違います。新型の発表された時もリアルタイムで情報を得ていましたし、知らなかったわけではありません!では何故このタイミングで去年の旧モデルなのか?をご説明していきます!

ー64GBが一括0円+2万円キャッシュバック!?
なんと64GBが一括0円+2万円のキャッシュバック!
元々のiPhone5 64GBの端末料金はSoftBank、au両キャリア共に72000円です。
それが1年経つとタダで購入できて尚かつ2万円もCBされました!超お得!
単純に92000円も得した計算になります。
最新機種に拘らない、でもちょっと新しくした!っていう人に最適です。
では何故そんな安く手に入れることが出来たのでしょうか。
ー携帯番号を引き継いでキャリアを移動するMNP!
よく携帯ショップなどで見かけるMNPという言葉をご存知でしょうか?
MNPとは、
番号ポータビリティ(ばんごうポータビリティ)は、携帯電話や固定電話等の電話の利用に際して、契約している電話会社(電気通信事業者)を変更しても、電話番号は変更しないまま、継続して利用できる仕組みである。番号持ち運び制度とも言われる。また、携帯電話については、MNP (Mobile Number Portability) とも呼ばれる。 利用者の電話番号による囲い込みの防止により、サービスの向上・料金の低減を目指すために行われる。
参考:Wikipedia
要は携帯番号をそのままで他キャリアへ移ることを言います。
この方法が一番携帯電話を安く変える方法です。
では何故安いのか?
MNPで他社へ移れば相手会社の契約が-1、自社の契約が+1となり相手会社の契約者が減り、自社の契約者が増え、万々歳の状態になります!
なのでどのキャリアもこの契約方法を優遇し、様々なキャンペーンを行っています。
携帯は1人1台が当たり前の今、このMNPでの契約者争奪戦が年々激しくなってきています!
ー『実質0円』ではなく『一括0円』
0円販売されている端末には2種類あります。
『実質0円』と『一括0円』の2種類です。
一括0円とは名前の通り一括払い0円ということで本当に0円で買えます。(貰えます)
これは発売から1年程度経った端末によく見かけられる売り文句で、だいたいMNPでしかありません。
逆に実質0円とは、簡単に言えば端末代金は0円になりません。
この実質0円というのは最新端末でも見受けられる売り文句です。
各社ともに月々の料金から利用料金を割り引いてくれるプラン?が必ずあります。
この月々の割引額が分割払いで払っている端末料金と同じ額だから月々実質0円で買えますよ。ということです。
もっと単純に考えてみましょう。
端末料金57600円のスマートフォンがあったとしましょう。
これを24回払いにすると毎月の端末料金が2400円になります。
これに月々の利用料金から割り引いてくれる金額が2400円だとします。
すると毎月の端末料金の負担額は2400円-2400円=0円になります。
これが端末料金実質0円の内容です。これなら毎月払う端末料金が実質0円ですよね?
ですが最初に一括で57600円払ったとしても月々の割引が効きます。
一括で買えば月々の利用料金が安くすむ訳です。
分割で買えば実質0円だから一括で買うより分割の方がお得じゃん!なんてことはありません。
なので発売からある程度経過した端末がなんらかのキャンペーンより一括0円になりだしたときにMNPで買うのが最安で買える方法です!
ーあとはキャンペーンを行っているショップを探すのみ!
あとは一括0円、欲を言えばCBを行っている店舗を探すのみです!
Twitterなどで『iPhone5 64GB 一括0円』などで検索すればたくさんヒットします。
IMG_7734
IMG_7733

スポンサードリンク
こういったキャンペーンを行っている店舗は各社のオプション加入必須などがありますがだいたい解約できるので困ることはないでしょう。
ー乗り換える最高の時期は?
SoftBankのホワイトプランでの話ですがホワイトプランには更新月というのが設けられています。
契約月から25ヶ月目、26ヶ月目が更新月となります。この月以外で解約などしてしまうと違約金が発生してしまいます。
この違約金が発生しない更新月に他社へMNPするのが一番の買い替え時です!
詳細は分かりませんがdocomoもauもSoftBankのホワイトプランのとほとんど同じことをやっています。
自分の更新月を見極めてなるべく上手に乗り換えましょう!
尚、SoftBankのみ料金締め日が10日、20日、月末と人によって違うので要注意です!
いかがでしたでしょうか?
買い替え方次第で大幅に得する買い方も存在します!
また今後は実質、一括0円の文字にも注目してみると面白いかもしれません!
安く買うなら一括0円ですよ!

(ライター:MachidaYuki)

記事元:秒刊SUNDAY

 - ガジェット・IT

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3