世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

落ちこぼれクラス

      2017/11/13
 SNS拡散レベル 0   0 views

総領事はこうお答えになった「以前、上海でコミケ(同人誌即売会)が開かれたんで、それに行ったんです雨の中、あの気の短い中国の若者たちが開場前の3時間、ずっと待ってました。そして開場と同時に会場に飛び込んでいって、楽しそうに一日じゅう遊んでいるんですこれを見て、アニメとかネット上のキャラは日本と中国の若い人たちをつなぐ大きなツールになるな、と思いました。」。 心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「アドラー心理の言葉」(ぱる出版)、「電車のハシに座る人は成功できない」(大和書房)他、著書多数。 漫画家・諫山創氏の人気漫画『進撃の巨人』が、韓国で大きな注目を浴びているインターネット上ではパロディー動画が出回り、テレビではお笑い芸人が巨人に扮してギャグを披露、ニュースメディアは作品を通じて現在の日本を読み解いたりと、『進撃の巨人』という言葉を聞かない日はないほどだインターネットのダウンロード数も、現在は『進撃の巨人』がトップを記録している。ウェブハード専門会社オンディスクが10日に発表したウェブハードダウンロードランキングによると、MBC放送の人気バラエティ番組『無限挑戦』を抑えて『進撃の巨人』がトップになった韓国の週刊誌「時事IN」最新号(300号5月15日)は、文化面で「進撃の巨人韓国を食う」と題した記事を掲載し、韓国での人気ぶりについて紹介しているネットユーザーたちも、何かが「巨大」または「規格外」だったりすると、すぐに「進撃の巨人だ!」などと反応する。これまで韓国では『ONE PIECE』や『スラムダンク』など数々の日本の漫画が人気を集めてきたが、『進撃の巨人』はそれらに続く大ヒット作品になりそうだ。

 - やってみた

スポンサードリンク


  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NHK女子倶楽部