世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

立田将太は大和広陵のヤンキーだった?彼女の噂はある?!

      2014/10/22
 SNS拡散レベル 0   2,790 views

 
ドラフト会議での上位指名が期待されている大和広陵の立田将太(たつた しょうた)投手は1年の時からエースで4番として活躍し、甲子園春のセンバツ大会などで注目を集めていました。

 

スカウト陣からの評価も高く、今年の目玉選手の一人と言われているのですが、プロ入り後の活躍も楽しみな立田将太選手はどんな人物なのか、調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

立田将太はヤンキーという噂?彼女はいるの?

 

立田将太選手は奈良県河合町出身で、181センチ82キロという恵まれた体格を持ち、最速149キロのストレートが持ち味です。

 

大和広陵高校の応援席にヤンキーやギャル風の生徒が多いことから、立田将太もヤンキーではと言われることが多いのですが、これは特に問題視する必要はなく、人を見た目で判断する事はやめましょう(笑)

 

多くの強豪校からスカウトを受けたものの、家から近いからという理由で大和広陵高校に進学したエピソードが有名ですが、そんな立田将太選手に彼女はいるのでしょうか?

 

今のところ彼女がいるという噂はありませんが、学生なのでいる可能性も高いですが、いずれにしても、残り少ない学生生活を満喫して欲しいものです。

 

スポンサードリンク

 

中学~高校の活躍は?

 

小学校1年の時から野球を始め、6年生の時には全国大会で優勝していますが、地元の葛城山JFKボーイズに所属し、全国大会優勝経験を持っています。

 

世界選手権にも抑えとして出場し、最優秀防御率の賞を得ていることも注目ポイントです。

 

その後、地元大和広陵高校に進学し、1年生から4番・エースで活躍し、真摯に野球と向き合っていた人柄のお陰で、チームから浮くこともなかったようです。

 

大和広陵 立田将太(85回選抜)はこちら

 

2年の時には春のセンバツに出場し、地方大会では今年の打者の目玉、岡本和真選手を打ち取るなど好投を見せています。

 

そして気になるのはスカウト陣からの評価ですが、その体格と、丁寧なピッチング、伸びのあるストレート、柔らかな腕のふりなどの評価が高いようです。

 

元々の素質も優れているため、各球団が上位指名で獲得に走る可能性は高いと思われます。

 

今後の球界を背負うピッチャーになれるかどうか、今回のドラフト会議の結果で、今後の活躍もはっきりするでしょう。

 

プロ入りしても、どのような投球を見せてくれるのか楽しみですね!

 

 

記事POINT!

 

・大和広陵高校の応援席にヤンキーやギャル風の生徒が多いことから、立田将太もヤンキーではと言われることが多い
 
・家から近いからという理由で大和広陵高校に進学し、1年生から4番・エースで活躍
 
・スカウト陣はその体格と、丁寧なピッチング、伸びのあるストレート、柔らかな腕のふりなどの評価が高い
 

 - スポーツ, ドラフト会議2014

スポンサードリンク


  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NHK女子倶楽部