世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

桐生祥秀の練習骨ストレッチは逆効果?!海外の反応は?彼女はいるの?

      2014/10/16
 SNS拡散レベル 0   1,231 views

 
日本陸上界最速の選手として活躍している桐生祥秀選手は、まだ大学1年生ながら日本歴代2位の記録を持ち、日本人初めての100メートル9秒台も期待されている選手だ。

 

高校時代に様々な記録を打ち立てながらも、あまり指導者に恵まれなかった過去を持つ桐生祥秀。

 

大学進学によって、また一段と飛躍が期待できる桐生祥秀選手について、気になる情報をまとめてみた。

 

スポンサードリンク

 

桐生祥秀選手のこれまでの活躍

 

桐生祥秀の練習骨ストレッチは逆効果?!海外の反応は?彼女はいるの? 1x1.trans

桐生祥秀は滋賀県彦根市出身、1995年生まれの18歳。

 

小学校時代はサッカー少年だったが、地元の中学校で、短距離ランナーとして全国大会にも出場する。

 

名門と名高い洛南高校にて、2011年(高1)では100メートルで歴代7位の記録を樹立。

 

その1年後の2012年(高2)では100メートルユースの世界最高記録を樹立した。

 

2013年(高3)の時には100メートルで10秒01という日本歴代2位・高校記録を樹立し、東洋大学に進学し、現在に至る。

 

 

桐生祥秀の練習方法骨ストレッチは失敗?

 

桐生祥秀の練習骨ストレッチは逆効果?!海外の反応は?彼女はいるの? 1x1.trans

10秒01のタイムを出したあと記録の伸び悩みに陥った桐生祥秀選手。

 

そこで取り組んだ新しい練習が骨ストレッチだった。

 

これは、日本の古武術を取り入れ、骨を意識して走るという方法だが、走る時の歩数が変わってしまい、結果として逆効果

 

すぐに軌道修正し地道な練習を続け、その甲斐あって、世界ジュニア選手権で世界を驚かせる活躍を見せた。

 

スポンサードリンク

 

桐生選手に彼女はいる? 記録に海外の反応は?

 

桐生祥秀の練習骨ストレッチは逆効果?!海外の反応は?彼女はいるの? 1x1.trans

応援女子にとって気になるのは、彼女の存在だろう。

 

しかし、あまり浮ついた話はない

 

楽しいだけのキャンパスライフではなく、ストイックに練習に打ち込んでいるようだ。

 

その甲斐あって、陸上の世界ジュニア選手権で日本人初の銅メダルを獲得した。

 

今はまだ陸上に専念したいところなのか、彼女の噂はまだ先になるのだろう。

 

そんな桐生選手の日本人の高校生が10秒01をマークしたというニュースは、世界を震撼させた。

 

そして、それがまぐれではないことを示すように世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得し、その実力に海外メディアも賛辞を送った。

 

海外で戦える選手として、今後の活躍に益々期待したい。
 

関連記事

 
島千里の筋肉腹筋がスゴイ!天然で声やサインもかわいいと話題に!

 
 

 - スポーツ

スポンサードリンク


  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NHK女子倶楽部