世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

帯状疱疹は感染する?発症理由や注意点のまとめ!

      2019/02/06
 SNS拡散レベル 1   27 views

スポンサードリンク

帯状疱疹は感染する?発症理由や注意点をご紹介!

 

最近帯状疱疹が流行っていますが、これってウイルスが原因?治療方法や症状は?

 

体に赤い発疹ができると、原因について気にしてしまい、食事、ストレス、何かの病気??

 

たぶん、どれかが原因なんだろうけど、しばらくするとすぐに治ってしまったので、なにも気にせずにしている。

 

最近では、発疹というと、帯状疱疹とアトピー性皮膚炎があるけど。。。どう違うんだろう?

 

 

アトピー性皮膚炎とは?

 

アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種とのことで、8割の患者さんが5歳までに発症しますが、最近では、成人になってから発症する患者がいます。

 

患者の多くは遺伝性、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎などの疾患、IgE 抗体を産生しやすい素因を持つことが要因となりますが、主に、子供がかかる病気であると言えます。

 

 

帯状疱疹とは?

 

では、帯状疱疹とはなんなのでしょうか?

 

帯状疱疹とは水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされるウイルス感染症の一種で、6、7人に1人はかかると言われるほど、発症する頻度が高い病気です。

 

痛みが数日続いたあとに発疹するため、皮膚病と把握しにくいケースがあります。

 

人の体の左右のどちらかの神経に沿って、まんべんなく発症し、上半身、顔、目の周りが発症しやすい部位になります。

 

最初虫刺され程度の発疹から、水ぶくれになっていきます。

 

 

帯状疱疹発症する理由は?

 

子供の頃に水ぼうそうに感染した際のウィルスが体内にまだ残っていて、大人になった時に、腎臓の疲れと何らかの大きなストレスにより、発症してしまうようです。

スポンサードリンク

 

子どもの頃の水疱瘡をワクチンで予防したり、水ぼうそうが中途半端な状態で残っていたことが原因といえます。

 

ほかにステロイド剤を服用したことのある人や遺伝による発症も原因の一つらしいです。

 

症状は、体の左右どちらか片方にばかり緊張が偏ったことにより、症状が片側だけに出る発疹が特徴です。

 

 

帯状疱疹の予防方法は?

 

発症の多い世代は、20~30代、50~60代と言われています。

 

水ぼうそうのウイルスによって、”免疫記憶細胞”というものが作成されますが、20年くらい経つと数が減ってしまい、ウイルスの活動を抑えることができなくなります。

 

そのため、20年周期でこの病気を発症しやすくなるようです。

 

また、大人になればなるほど、重症化するようです。

 

予防法は、疲労やストレスの軽減が一番有効で、疲労やストレスにより、免疫力が低下した時に発症要因になるようです。

 

もし発症してしまったら、抗ウイルス薬をできるだけ早く使用すると炎症と拡散を抑えます。

 

もし炎症による痛みがある場合には、抗炎症鎮痛薬を使用すると数週間で完治できます。

 

ただし、処置が遅れると、神経痛が数年以上も残るケースがあるようです。

 

 

帯状疱疹の注意点は?

 

大人どうしで、帯状疱疹による接触感染はありませんが、水ぼうそうを経験したことのない乳幼児などには、水ぼうそうとして感染します。

 

そのため、感染者は、水ぼうそうを経験したことのない乳幼児への接触は行ってはなりません

 

今回帯状疱疹を調べていて、以前、体の半分だけ発疹ができたことを思い出しました。

 

単なる皮膚炎とのことで薬を塗っていましたが、なかなか治らないことがありました。

 

原因は、水ぼうそうとのことで、忘れたときに子供のころにかかった病が発端になっていたなんて驚きです!

 

最近、ストレスが発端になり発症する病が多いですよね。

 

ストレスのない社会は、難しいですが、ストレスとうまく付き合い、ほどほどの休憩や、趣味に打ち込むなどの余暇をうまく使っていきたいものですね。

 - 病気・医療

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3