世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

何故か新東名サービスエリアに人が殺到する珍現象が東海地方で発生

      2014/11/13
 SNS拡散レベル 0   175 views

スポンサードリンク

DSC_0076

こ こはイオンか、大手ショッピングセンターか?いえいえ新東名にある静岡SAです。東海地方のかたならご存知なのかもしれないが、新東名がオープンし、GW と言う事もあり多くの観光客がサービスエリアに殺到している。通常サービスエリアは、運転の疲れをいやすための休憩ポイントとして設置されたものだが、今 の時代はチョット戦略が違う。

DSC_0093
新東名2
画像

さ て、サービスエリアに人が殺到しているという話以前に、道路のほうはどうだろうか。新東名の効果があってか、ご覧のとおり、渋滞はほとんどない。3車線を 自由に行き来できるほどの余裕がうかがえる。制限速度も100kmあるので、それなりにスピードも出せる。GWの渋滞はほとんどなかった。

ところが、サービスエリアにひとたび足を踏み入れると情況は一転。
いや踏み入れるまでが大変、サービスエリアはほとんどが満杯、FULLの記述が多く見受けられる

新東名5
画像
DSC_0076
画像

上は浜松サービスエリア、下は静岡サービスエリア、どちらも満車。道路はガラガラなのに何故かサービスエリアだけがとんでもない混雑を招いているのだ。これには深い理由がある。

サービスエリアを集客ツールに

DSC_0080
画像

マ スコミとNEXCO側の戦略はこうだ、新東名にどうしても人を呼び寄せたい、ところが『東名が新しくなりました』だけではあまりインパクトが無いし、東名 を走りに行きたいと言う人も少ない。だが、『サービスエリアにおいしいご当地グルメがあります』ここだけでしか食べれないオリジナルメニューです!などと いう文句を掲げれば、たちまち人々はサービスエリアに足を運ぼうとする。静岡の「しぞーかおでん」に「富士宮やきそば」昨年NO1をとった「浜松餃子」あ りとあらゆる、B級グルメがサービスエリアで堪能できる。

スポンサードリンク

客側からしてみれば道路はガラガラだがサービスエリアは満車という本末転倒無結 果に見えるが、逆に道路は走りやすくなる、サービスエリアは儲かるというまさにサービスエリアを集客ツールとしてある意味、サービスエリアを仮想ショッピ ングセンターを運営するというNEXCO側の思惑通りの結果に。

DSC_0085
画像

ま た、以前は土産物中心とした店舗が目立っていたが今はアパレルや、グルメ中心としたいわば、イオンモールそのものが、SAに集約された形に。もちろん土産 物も置いてはあるが、サブ的な要素になりつつある。集客につながらない土産よりも、美味しいものがあるという『土産話』のほうが、ロングスパンとして考え れば多いに活躍する。

DSC_0084
画像

デパ地下じゃないですよサービスエリアです。(売っているのは何処にでもあるパンでした)

DSC_0083
画像

こ こまでくると、まんまとNEXCOにやられた感が否めないので、悔しさのあまり、静岡県には何処にでもある「天神屋」の牛丼を購入。何を言う、これこそが しぞーかの味ではないか。ちなみに静岡をシズオカではなく『しぞーか』と表現するのは、名古屋駅をメイエキと略す名古屋人のそれと同じ、方言の一種です。

さて、ここまでサービスエリアを紹介してきたが、もう一つ新東名の驚くべきポイントがあります。
それはトンネル。

なんと新東名のトンネルは

DSC_0088
画像

と ても明るい。レースゲームのトンネル内か!?と突っ込みたくなるほど明るい。良くあるオレンジの照明ではなく、白色の蛍光灯が利用されている。路面も心な しか明るく反射しているように見え、走行しやすさが向上している。トンネルにありがちな閉塞感が無く、これなら事故は減るのではないかと期待できる作り だ。

いいこと尽くしの新東名だが難点もある、それはICが、旧東名よりも町から遠くのほうにあり主要な都市に向かうには不便であることと、山側をメインとして走行するので景色がほとんどかわらないということだ。

海も山も町も楽しめる旧東名、単調だが走行しやすい新東名
どちらを選ぶかはケースバイケースで決めればよいだろう。
(ライター:たまちゃん)
記事元:秒刊SUNDAY

 - やってみた

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3