世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

フラワーエッセンスの特徴とは何?体と心を癒す使い方をご紹介!

      2014/12/25
 SNS拡散レベル 0   15 views

フラワーエッセンスの特徴とは何?体と心を癒す使い方をご紹介! 1x1.trans

 

新たな言葉で、”フラワーエッセンス”という言葉を最近耳にしましたが、”花が特徴”の何か???なのでしょうか?

 

そこで、この”フラワーエッセンス”について、調査してみました!

 

スポンサードリンク

 

フラワーエッセンスとは?

 

フラワーエッセンス普及協会のHPを訪問してみると、花のエッセンス(エネルギーの特性)のみを水に転写して、自然の力で活性化された花の波動水を使用して一種のリラックス効果を得るものです。

 

このフラワーエッセンスには、植物の抽出成分などの物質的なものが含まれていないため、花が持っているエネルギーが人間の感情や精神を癒してくれるものです。

 

フラワーエッセンスの歴史は有史以前からあり、近年、花療法として浸透してきたもののようで、1930年代のイギリスのエドワード・バッチ博士によって、開発した38種類のフラワーエッセンスが存在しています。

 

このフラワーエッセンスは自然の物なので、身体に害のない療法とされています。

 

フラワーエッセンスの作り方は、サンメソッド(太陽法)と呼ばれ、花の生命エネルギーがもっとも高いと言われる朝の太陽の下で摘み取り、その場所で流れている清水を入れたクリスタルの器に浮かべ、数時間日光の下で花のエッセンスを転写します。

 

購入する場合、小さなスポイトびんの形で売られており、また、バッチフラワーとも言われています。

 

 

フラワーエッセンスの効果は?

 

フラワーエッセンスは、ハーブやアロマテラピーのように肉体に直接作用することはなく、身体を取り巻く生体エネルギー(オーラ)の各階層に浸透します。

 

オーラは、私たち人間の感情、精神などの内的意識の部分に作用することにより、ストレスや、精神的ショックを軽減させてくれる働きがあります。

 

イライラや、ストレスと言った感情的なものが無くなることによって、日々の生活の糧やモチベーション向上に働きかけてくれます。

 

もし、効果が無くても身体に害がないため身体への負担は、まったくありません。

 

人によって個人差はありますが、1週間から1ヶ月くらいでなんらかの変化を感じることができるようです。

 

スポンサードリンク

 

体と心を癒す使い方

 

まず、自分に合ったフラワーエッセンスを選ぶ必要があります。

 

エッセンスは、自分の直面している問題に対して解決できるものを選択する必要があります。

 

もし、選択を誤った場合、何の変化も感じることはできませんが、自分にあったエッセンスであれば、何かしらの変化を実感できるようになります。

 

使い方は、”飲む”、” 霧吹き”、”お風呂で使用”という使い方が、一般的のようで、短期的な使用方法だと、集中力向上、リラックスなど、長期的な使用方法だと、うつ、不眠、無気力などに効果があるようです。

 

 

レスキューレメディーとは

 

強いストレスやショック、緊張を感じるときに使用する緊急用のフラワーエッセンスで、世界中で最もよく使われているようです。

 

5つのバッチフラワーがブレンドされて、ストレスを感じたときに使用することで本来の実力を発揮できたり、動揺を軽減させる効果があります。

 

スプレータイプなどは、口に直接スプレーして使用することで一瞬で状況を好転させることができます。

 

ネットで調べると、20ミリリットルのスプレータイプで、約3,500円でした。

 

化粧水として使っても効果があるそうですよ♪

 

【動画】フラワーエッセンスを使った化粧水の作り方

 

もし、あのとき、実力が出ていれば。。。もし、あのとき、動揺しなかったら。。。人生が大きく変わったかもしれません。

 

そんな経験は、ありませんか?

 

その時、このフラワーエッセンスを使用していれば、リラックスできて、状況が大きく変わっていたかもしれないです。

 

花の香りではありますが、一瞬にして状況を変えてくれる魔法に近いものがあります。

 

一度、フラワーエッセンスを使用してみませんか?

 - 育児・生活

スポンサードリンク


  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NHK女子倶楽部