世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

ノーベル物理学賞赤崎勇氏受賞!鹿児島出身で家族や子供、学歴経歴は?

      2014/12/11
 SNS拡散レベル 0   385 views

ノーベル物理学賞赤崎勇氏受賞!鹿児島出身で家族や子供、学歴経歴は? 1x1.trans

ノーベル賞受賞の嬉しいニュースが飛び込んできたが、その内容はスウェーデン王立科学アカデミーが、本年度のノーベル物理学賞を、赤崎勇・天野浩・中村修二の3名に贈ると発表しました。

 

今回は、受賞者の1人である赤崎勇さんについて詳しく調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

ノーベル物理学賞の受賞理由は?

 

受賞理由は、青色発光ダイオード(LED)の作成と実用化で、赤崎勇さんと天野浩さんが世界ではじめて作成に成功し、中村修二さんが実用化に成功。

 

今となっては信号機や液晶で当たり前に触れているLEDの爆発的な普及を可能にしたとして授賞となりました。

 

海外の反応も

 

「ファンタスティックな発明だ」

 

「LED電球は交換しなくてもはるかに長持ちで、安く効率的で本当に役に立つ発明」

 

と、身近で分かりやすい発明への受賞に好意的です。

 

もし青色LEDがなかったら・・・どんな世界か見てみてください。

 

【動画】もし、青色LEDがなかったら?青色LED誕生の影響とは。

 

 

赤崎勇さんの家族や子供は?

 

赤崎勇さんの個人情報については、あまり明らかになっていませんが、兄の赤崎正則さんも研究者で、九州大学の名誉教授をされているそうです。

 

結婚しているので、子供もいそうですが情報が見つかりませんでした。

 

兄弟揃って研究者なので、子供や孫も触発されて研究の道に進んでいる可能性は高いですね!

 

スポンサードリンク

 

赤崎勇さんの経歴や学歴は?

 

赤崎勇さんは、鹿児島県生まれの現在85歳で、京都大学理学部を卒業後、神戸工業(現在の富士通)に入社しました。

 

その後、名古屋大学の助手、松下電器産業(現在のパナソニック)勤務等を経て、81年に名古屋大学教授に就任。

 

名古屋大学時代の85年に、天野浩さんとともに良質な結晶の作製に成功し、高輝度LED製造の基礎を築いたのです。

 

そして89年には、窒素ガリウムの半導体を用いて、世界ではじめて青色に光るLEDを作ることに成功し、その後、92年からは名城大学の教授をつとめており、非常に我慢強い性格で、なんと30年かけてLED作製に研究の情熱を傾けた努力の人です。

 

今回の受賞により、日本の科学技術力に注目が再び集まるでしょう。

 

STAP細胞問題で研究の威信が問われている中での、うれしいニュースでしたね!

 

第二、第三の赤崎勇さんを目指す子供・研究者が増えてくれることを期待しましょう!

 

 

記事POINT!

 

・受賞理由は青色発光ダイオード(LED)の世界ではじめての作製と実用化で、これにより蛍光灯の概念が変わりLEDが爆発的に普及した事。

 

・海外でも「LED電球は交換しなくてもはるかに長持ちで、安く効率的で本当に役に立つ発明」「ファンタスティックな発明だ」と、身近で分かりやすい発明への受賞を喜んでいる海外の反応が多い

 

・兄の赤崎正則さんも研究者で、九州大学の名誉教授をされている。

 

・名古屋大学時代の85年に、天野浩さんとともに良質な結晶の作製に成功し、高輝度LED製造の基礎を築いた。

 

・89年には、窒素ガリウムの半導体を用いて、世界ではじめて青色に光るLEDを作ることに成功し、その後、92年からは名城大学の教授をつとめており、非常に我慢強い性格で、なんと30年かけてLED作製に研究の情熱を傾けた努力の人

 

 

 

関連記事

LEDでノーベル物理学賞受賞中村修二氏の家族や子供、経歴や学歴のまとめ!

ノーベル物理学賞天野浩氏(名古屋大学教授)の家族や子供、経歴学歴まとめ

 - 文化人

スポンサードリンク


  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NHK女子倶楽部