世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

ノーベル物理学賞天野浩氏(名古屋大学教授)の家族や子供、経歴学歴まとめ

      2014/12/11
 SNS拡散レベル 1   724 views

スポンサードリンク

ノーベル物理学賞天野浩氏(名古屋大学教授)の家族や子供、経歴学歴まとめ

ノーベル物理学賞を日本人が受賞することが発表され、対象は赤崎勇・天野浩・中村修二の3名で、スウェーデン王立科学アカデミーによってノーベル物理学賞の授与が決定されましたが、今回は、受賞者の1人である天野浩さんについて詳しく調べてみました。

 

受賞時はフランスにいた天野さんでしたが、日本での教え子たちがパネルを囲んで祝っている姿が印象的でしたね!

 

生徒からも慕われる素晴らしい研究者のようです。

 

 

ノーベル物理学賞の受賞理由は?

 

受賞理由は青色発光ダイオード(LED)の世界ではじめての作製と実用化で、これにより蛍光灯の概念が変わりLEDが爆発的に普及した事は皆様もご存知の事。

 

青色発光ダイオードは、赤崎勇さんと天野浩さんが世界ではじめて作成に成功し、中村さんが実用化に成功したもので、今では信号機や液晶で当たり前に触れているLEDの爆発的な普及を可能にしたとして今回ノーベル賞の授賞となりました。

 

海外でも「LED電球は交換しなくてもはるかに長持ちで、安く効率的で本当に役に立つ発明」「ファンタスティックな発明だ」と、身近で分かりやすい発明への受賞を喜んでいる海外の反応が多いんです。

 

もし青色LEDがなかったら・・・どんな世界か見てみてください。

 

【動画】もし、青色LEDがなかったら?青色LED誕生の影響とは。

 

 

天野浩さんの家族や子供は?

 

今回の受賞者の中で一番年が若い天野さんは結婚していて娘がいます。

 

その娘とは天野彩さん、24歳で京都大学大学院農学研究科1年に在学中で、父親がノーベル賞を受賞した知らせは学食で食事中に先輩から聞いたと言い、すぐに父に電話し「ノーベル賞受賞おめでとう」とメールしたという。

スポンサードリンク

 

 

天野浩さんの経歴や学歴は?

 

天野浩さんは静岡県出身の54歳で名古屋大学に進学し、そのまま名古屋大学で研究を続け2010年に教授になりました。

 

3人の中で唯一、企業での研究経験のない研究者なんです。

 

赤崎勇さんが名古屋大学教授として在任時に、大学4年次からともに研究し、1985年にLEDに欠かせない結晶の作製と、1989年に青色に光るLEDを世界ではじめて作成することに成功し、研究者だけでなく、教育者としても優れていて生徒の指導力の高さにも定評があるそうです。

 

本人不在にもかかわらず生徒が等身大パネルを準備して祝っていたことからも人柄が伺えますね!

 

一番若い存在として、今後の日本の研究にも大きい影響を与えるであろう天野浩さんの今後の研究活動にますます期待したいです。

 

 

記事POINT!

 

・受賞理由は青色発光ダイオード(LED)の世界ではじめての作製と実用化で、これにより蛍光灯の概念が変わりLEDが爆発的に普及した事。

 

・海外でも「LED電球は交換しなくてもはるかに長持ちで、安く効率的で本当に役に立つ発明」「ファンタスティックな発明だ」と、身近で分かりやすい発明への受賞を喜んでいる海外の反応が多い

 

・天野さんには天野彩さんという娘がおり、天野彩さんは24歳で京都大学大学院農学研究科1年に在学中で、父親がノーベル賞を受賞した知らせは学食で食事中に先輩から聞いたと言い、すぐに父に電話し「ノーベル賞受賞おめでとう」とメールしたという。

 

・天野浩さんは静岡県出身の54歳で名古屋大学に進学し、そのまま名古屋大学で研究を続け2010年に教授になり、3人の中で唯一、企業での研究経験のない研究者。

 

 

関連記事

LEDでノーベル物理学賞受賞中村修二氏の家族や子供、経歴や学歴のまとめ!

ノーベル物理学賞赤崎勇氏受賞!鹿児島出身で家族や子供、学歴経歴は?

 - 文化人

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3