世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

クレヨンしんちゃん来年8月打ち切りというデマ拡散!名残惜しむユーザ多発

      2014/11/13
 SNS拡散レベル 0   187 views

スポンサードリンク
p1

ドラえもん終了というデマが以前拡散し、テレビ朝日側が否定しておりましたが今回は1992年から放映開始されている長寿人気アニメ「クレヨンしんちゃん」が終了するというデマが拡散している。内容によると「21年もの期間幅広い年齢層に視聴していただいていたので製作側としても心苦しい」ということだが「いいとも」終了が発表された後ということもあり、信じるユーザが多い。

p2

問題のツイートは『【速報】1992年4月13日から絶大な人気を誇っていたアニメクレヨンしんちゃんが来年の8月で打ち切り「21年もの期間幅広い年齢層に視聴していただいていたので製作側としても心苦しい」スタッフ』という内容で拡散している。それによって多くのユーザが「マジかよ」「残念だ」「寂しい」とこのデマに勘違いしてしまい、更にリツイート。またデマである情報源のソースもなく拡散させる影響で「負の連鎖」を生み、「クレヨンしんちゃん終了」という情報だけが流れている状態だ。

もちろん情報リテラシー能力にたけているユーザは、リンク先の情報(今回は釣でした画像が出る)を確認し「デマ」と判断できたが、圧倒的にデマを見抜けないユーザのほうが多いようだ。

―なぜデマと気づかないのか

リンク先を見ればすぐにデマと気づく。ではなぜそれに気づかずに拡散させてしまうのだろうか。一つはデバイス環境によるものではなかろうか。ツイッターユーザは必ずしもデスクトップやノートPCで確認するというわけではない。スマートフォン普及により専用クライアントアプリで確認するというケースが普及。

スポンサードリンク

するとリンク先を負う前に、まずはその衝撃的情報に驚き拡散させてしまう。
しかもリンクはボタンではなくテキストが一般的、なかなかそこをタップする人はいない。

参考写真をみていただくとわかる通り、リンクはリンクだとわかるがすべてのユーザが「クリック」もしくは「タップ」するかどうかは疑問だ。

従って情報を確認せず拡散させるため、デマへと発展するのではなかろうか。

―デマと気づかず悲しむユーザ

残念ながらデマと気づかずクレヨンしんちゃんの終了を悲しむユーザも。

・マジかよ…
・クレヨンしんちゃん打ち切りとか死にたい
・クレヨンしんちゃん打ち切りまじかよおおおおおお!!!!ってことは映画もなくなるのかあああああ!!??
・クレヨンしんちゃん来年の8月で打ち切りなのか。悲しい。ここ数年見てないけれど
・クレヨンしんちゃん打ち切りかー
・ドラえもんとクレヨンしんちゃんが打ち切りだと…。
・がーん(T_T)
・クレヨンしんちゃんが 来年の8月で打ち切りだって。 なんか寂しくなるね
・え?!嘘だろ嘘だろ?嘘だろ?
・え、クレヨンしんちゃん打ち切りなるの?
・しんちゃんまでも・・
・クレヨンしんちゃん打ち切りとか、安定のデマッターだなww
・貼ってあるURL見てください
・釣られたよー!!!
・こーゆう釣りはあんまよくない
・臼井さんあの世でしんちゃん続編書いてるかな・・・

ネットだけではなくリアル社会における「口コミ」も同じ原理ではなかろうか。

※誤字がありました「跡」→「後」

(ライター:たまちゃん)

記事元:秒刊SUNDAY

 - Twitterまとめ

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3