世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

キム・ヨナが拒食症!?医療関係者が告発!深刻な肉体崩壊って!?

      2014/10/16
 SNS拡散レベル 3   1,755 views

スポンサードリンク

 

医療関係者が告発!深刻な肉体崩壊って!?

ソチ五輪女子フィギアで金メダルの最有力候補と目されている韓国のキムヨナ

画像

 

そのキムヨナの深刻な拒食症による肉体崩壊を医療関係者が告発し、話題になっている。

 

 

 

キム・ヨナのプロフィール

 

キム・ヨナは、1990年9月5日生まれの23歳。

 

母国では「国民の妹」「フィギュア・クイーン」「フィギュアの妖精」と呼ばれ2010年バンクーバーオリンピック金メダリストで、2009年、2013年、世界選手権で優勝している。

 

本業のスケート以外にも、韓国のフィギュアスケートを振興するため、後輩の強化・育成活動や、賞金等の寄付をしている。

 

ボランティア活動や、慈善活動や寄付も積極的に行っており、2010年より国連児童基金(ユニセフ)の親善大使を務めており、その他にもCMやモデルなどの活動もしている。

 

 

 

暴露したキム・ヨナの状態とは・・・?

 

ソチ五輪を目前に控えた今月上旬、ある医療関係者から韓国メディアに送られたのはキム・ヨナの画像が複数枚添付された英文メールだったという。

 

問題の写真は14年の、韓国選手権時のキム・ヨナであった。

 

彼女の肩甲骨と肋骨が浮き出ており、この身体はトレーニングで引き締まったものとは程遠く、筋肉と皮下脂肪が極端に少ない低栄養状態でemaciation(るい痩〈そう〉)になった人間の背中と同じであるとされている。

スポンサードリンク

 

 

るい痩ってなに?

医療関係者が告発!深刻な肉体崩壊って!?2

 

るい痩とは、病的に痩せた状態のことを言い、単なる体重減少を超えて、脂肪組織ばかりか、筋肉までも削ぎ落ちていく状態を言うのである。

 

上腕と肩甲骨の部分は、体重の増減で最も変化が出にくい部位であるが、この部位がかなり痩せているということは、他の部位の筋肉や皮下脂肪はすでに落ちてしまったと考えられるという。

 

彼女の映像を見ると、体毛が濃く、毛髪が薄いことが分かる。

 

手の甲は骨と皮だけで、足もカサカサである。

 

これは、anorexianervosa(拒食症)の患者に良く見られる状態だという。

 

 

元五輪代表渡部絵美が語る女子フィギュアの現状

 

現在の女子フィギュアは3回転ジャンプが主流で、3回転を跳ばなければ点数が出ないのだという。

 

体重が軽ければ軽いほど、着氷時に膝への負担が軽い為、ジャンプのために多くの女子選手が減量をする。

 

また、スピンも脂肪が邪魔すると絶対に足が上がらない。

 

現在のフィギュア選手は、不健康に見える痩せ方をしている人が多いのだという。

 

国をかけて、高得点でメダルを取りに行くには、これほどまでに壮絶な事をしなくてはならないのだろうか・・・

 

一昔前までのスーパーモデルもガリガリの体型が多かったが、やはり拒食症が多く夢を与える仕事として成り立たないとし、以前のような体型のモデルはいなくなった。

 

過熱する得点やメダル争いの前に、フィギュアとは何か?原点に戻って欲しいと思う。

 

世界国民は、痩せ細り、痛々しい演技を見たくはないはずだ。

 

 

 - スポーツ, 東京オリンピック

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3