世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

アメリカのアラスカで行われた犬ぞりレースが雪不足でハードモードに?!

      2014/10/16
 SNS拡散レベル 0   204 views

 

アメリカのアラスカで行われた犬ぞりレースが雪不足でハードモードに?! 1x1.trans

今年もアメリカで、犬ぞりレースが行われたが、今年のレースは例年と違い、かなりハードなものだったようだ。

 

今年のアメリカは降雪量が少なかったようで、それが犬ぞりレースのコースに多くの影響を与えた-大半の道が雪がなくなっていて、土がむき出しになり、砂利道となっていた。

 

レース参加者によれば、コースはさながら地雷原だったという。

 

スポンサードリンク

 

 

けが人続出の過酷レース

 

雪が無い地面はデコボコで、犬ぞりにはとても不向きだ。

 

3月2日の日曜日にレースが始まったが、4日の火曜日の時点で69チームの内17チームがドロップアウトした。

 

そのチームの中には、怪我をした者もいたというが、そんな悪条件の中でも、レースを続行したというのだから驚きだ。

 

雪ではないから滑りも良くないし、犬も人間もかなり苦労しただろう。

 

 

 

優勝者はダラス・シーヴィー氏

アメリカのアラスカで行われた犬ぞりレースが雪不足でハードモードに?! 1x1.trans

 

そんなとてもデンジャラスな今年のレースを制したのが、ダラス・シーヴィー氏だ。

 

彼はゴールに着くまでに、8日と13時間4分19秒かかったと言い、この犬ぞりレースは、アメリカの南東にあるアンカレッジから、かなりアラスカまで近いノームという地域までを走破するというもので、とても過酷なレースである。

 

犬ぞりレースが始まったのは、アラスカの歴史を思い出させるため、というのが理由だそうだ。

 

その昔は犬ぞりを移動手段として使っており、19世紀には一部の地域に手紙を届けるためにも使用されたという。

 

しかし、1973年に道路や飛行機が導入され、犬ぞりは用済みとなり、その文化が消えてしまう恐れがあった。

 

それを防ぐために、このアメリカを横断する犬ぞりレースが始まったという。

 

スポンサードリンク

 

参加者は各国からくるのだ!

 

日本ではあまり馴染みの無い犬ぞりレースだが、この犬ぞりレースはローカルなものではない。

 

大きな世界大会であり、スウェーデンやオーストラリア、そしてジャマイカからも参加者が募るのだ。

 

この様な雪不足による問題は、ついこの間のソチオリンピックでも起こったようで、応急的に他の地域から雪を持ってきて解決したようだ。

 

地球温暖化は、スポーツの世界にも影響を及ぼしているようである。

 

 

 - 動物, 海外ニュース

スポンサードリンク


  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NHK女子倶楽部