世の中の旬な話題をHOTなうちにアナタへ届けます!

この上なく怪しいわらび餅「クッピーわらび餅」試食レビュー

      2014/11/13
 SNS拡散レベル 0   177 views

スポンサードリンク

gupy1

何処からともなく漂ってくる「クッピーわらび餅」の自爆臭。誰もがこれをゲテモノ駄菓子だと感じざるを得ない商品ではあるが、だからこそ食べる価値がありそこから生み出される新たな「発見」は、これまで幾度となく日本人が経験してきた「新食感」である可能性はまったくもって否定してはならない。そもそも「駄菓子」と言うジャンルそのものが一風変わった食料でありそこにわらび餅が追加されても不思議ではない。今回はそんな「クッピーわらび餅」を試食したい。

―開封

gupy2

まずセロファンを外して登場したのは「わらび餅」とは似ても似つかないゼリー状の何かである。青くあやしく輝くその様は食べ物と言うカテゴリーを逸脱し、もはや美しいオブジェのようにすら感じるまさに芸術品。これを食べるという発想には到底至らない不思議な物体である。

という前置きは良しとして、さっそく食べることにする。食べる前にどうやら白い粉をかけて食べるという2度おいしい要素が売りのクッピーわらび餅。

スポンサードリンク

この白い粉はどうやら「ラムネ」の粉のようで、わらび餅の美味しさを倍増させる立役者になる。

―実際に食べてみる

gupy4

実際に食べてみると、想像通りの味わい。ソーダー味と言うべきか駄菓子のジュースを寒天で固めたような、ジャンキーなフレーバーである。

これがわらび餅?わらび餅感は殆どないが、原材料を見ると「くず澱粉」「わらび澱粉」が入っていることから、わらび餅であることには間違いないようだが、この味わいからわらび餅は想像しがたい。

ただし、ラムネパウダーは意外にもウマい。この粉だけで食べれてしまうほど、ラムネ感がハンパなく清涼感もひとしおである。わらび餅につけて食べてみるとようやく「クッピー」を感じることが出来る無くてはならない名役者である。

値段は150円と普通の駄菓子よりはお値段はするが、とにかく腹が膨れ満腹感を得ることが出来る駄菓子として一つ置いておきたい代物だ。
※お菓子の名前が間違っておりましたお詫びして訂正いたします。

カクダイ製菓
http://www.kuppyramune.co.jp/index.html

(ライター:たまちゃん)

記事元:秒刊SUNDAY

 - 試食レビュー

スポンサードリンク


  関連記事


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/kozuma99/kiji-bon.com/public_html/wp-content/themes/stinger5ver20141011/kanren.php on line 3